冲压机器人

冲压机器人

苏州新区冲压机器人

1970年 10月

(株)三明の技術部門より独立し、社名を「三明エンジニアリング(株)」として資本金300万円で設立

1972年 5月

(株)安川電機のSF工場(衛星工場)の契約を結び協力工場として業務を開始

1974年 10月

三明いか釣り機を開発

  12月

トランジスタサーボドライブユニットを開発

1976年 11月

4ビットCNCの開発

1978年 2月

8ビットCNCの開発

1984年 2月

社名を「三明電子産業(株)」に変更

  8月

本館社屋を建設し移転(所在地:清水区清開2-2-1)

1985年 4月

マイコン制御によるいか釣り機「EXシリーズ」を開発

  11月

多用途3軸CNC「PTM-3」を開発

  8月

OEM用システムとしてカスタムNCシリーズを開発

1988年 10月

本館に隣接して工場社屋を建設

  11月

汎用CNC「PTM-3000」を開発

1989年 6月

東海ソリューションセンターを(株)安川電機と共同で開設

  7月

ACサーボ仕様多目的釣り機「SE-30」を開発

1990年 12月

工場内LAN導入、プリント基板開発システム導入

1991年 8月

16ビット汎用CNC「PTM-4000」を開発

  10月

ACサーボ「TRB-350」を開発

1992年 4月

ミニサーボシリーズを開発

1994年 3月

パネコン仕様のいか釣り機「いかとりくんII」を開発

1995年 4月

小型ACサーボ「Cuty Axis」を開発

1996年 6月

パソコンNC「CYCLONE」を開発

  12月

管理棟建設

1997年 6月

清地工場(三明テクニカ)建設

1999年 9月

小型ACサーボ「Cuty Axis II」を開発

  12月

パネコン仕様のいか釣り機「いかとりくん2000」を開発

2000年 12月

ISO9001認証取得(2003年12月認証辞退)

2002年 12月

電力最適化分析システム「エコブライト」を開発

2003年 3月

Windows CE 搭載のFAコントローラー「Typhoon」を開発

2004年 6月

ステッピングサーボシステム「Si servo」を開発

2005年 3月

清地第二工場完成

2006年 5月

Si Cutyシリーズ化開発

  6月

ISO14001認証取得

  6月

清地工場板金設備 最新鋭「タレパンシステムEMZ」を導入

2007年 2月

精機事業(ナノ微細加工技術)新事業展開
光ナノインプリンタ「ImpFlex」を開発

  9月

小型ACサーボ「Cuty Axis III」を開発

いか釣り機「sanmei SX」を開発

2008年 8月

精密制御技術の応用で3次元測定装置開発

2009年 7月

パラレルメカロボット開発
9月:Para Robo Miniの開発 全国展示会大反響!
12月:小型パラレルロボットをバリエーション追加

2010年 4月

ナノインプリント装置 ImpFlex-Essential開発 パラロボと共に全国展示会にて大反響!

  10月

Si-super 開発

2011年 12月

Si新シリーズ高精度、無振動、完全静止「Si-super」開発、販売!

2012年 8月

「IN-Spec Mashine」キズ・異物検査装置・・電子顕微鏡で完全チェック開発
簡単ロボット、パラレルリンクロボット「ParaMotion」開発、販売!

2013年 3月

「ParaMotion」さらに進化してバージョンアップ!

冲压机器人ppt

社長ごあいさつ

代表取締役社長 久保田和俊より

企業理念・基本方針

品質方針、基本方針、環境方針について

CSR

中期経営戦略と、環境活動など、社会と従業員のための取り組み

会社概要

企業データ

拠点・設備紹介

各工場のご案内

グループ会社

三明グループ企業のご案内


PAGE TOP